白川日銀総裁:景気は当面悪化が続く可能性が高い-衆院委員会

日本銀行の白川方明総裁は26日午後 の衆院財務金融委員会で、「海外経済の急速な落ち込みにより輸出が大幅 に減少している。企業収益や家計の雇用・所得環境が悪化する中で、内 需も弱まっている」とした上で、「わが国の景気は足元、大幅に悪化して おり、先行きも当面悪化が続く可能性が高い」と述べた。

白川総裁は、「来年度の後半以降は世界の金融資本市場が落ち着きを 取り戻し、海外経済が減速局面を脱するにつれて、わが国経済も持ち直 す姿を想定している」と説明。一方、「世界的な金融情勢の悪化や海外経 済の下振れリスクがある」と述べ、こうした見通しをめぐる「不確実性 は高い」と指摘した。民主党の池田元久氏への答弁。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE