クライスラー、米政府にフィアットとの提携が最善と伝える-WSJ

米紙ウォールストリート・ジャー ナル(WSJ、オンライン版)は26日、米自動車3位のクライスラー の首脳がオバマ大統領の自動車業界再編の特別チームに、同社が事業存 続を図る上で最善の選択肢はイタリア自動車メーカー、フィアットとの 提携だと伝えたと報じた。協議に詳しい関係者1人の話として伝えた。

クライスラーは現在、政府から50億ドル(約4900億円)の追加 融資を求めている。フィアットはクライスラーの持ち株比率を少なくと も35%に引き上げるほか、小型車の技術を提供すると提案している。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Peterson at +44-20-7330-7547 or cpeterson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE