アジア株:続伸、円安好感しホンダ上昇-減配発表の豪ANZ銀も高い

26日午前のアジア株式相場は続伸。 自動車株や金融株が上昇を主導している。外国為替市場での円安が好感 された。オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)は、資本維 持の目的で配当を削減すると発表した。

円の対ドル相場が3カ月ぶり安値近辺で推移していることから、北 米売り上げが全体の半分を占めるホンダが上昇。約25%の減配の方針 を示したANZ銀行は1.4%高となっている。一方、豪最大の電話会社、 テルストラは1.6%下落。同社は減益決算と最高経営責任者(CEO) の退任を発表した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前9時59分時点で、前日 比0.8%高の76.02。日経平均株価は同1.9%高。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE