アドテスト株は反落、リストラで今期最終赤字780億円-減配も(2)

半導体検査装置(テスター)メー カー国内最大手のアドバンテスト株が反落。下落率は一時7%を超え、 約1カ月ぶりの急落となった。25日に今期(2009年3月期)の連結純 損益がリストラ関連費用などで780億円の赤字(前期は166億円の黒 字)になる見通しと発表、配当も減らすことなどを受けている。

株価は一時、前日比7.1%安の1325円を付けた。日中の取引で下 落率が7%を超えるのは1月20日以来。ただその後は、やや下げ渋り の動きを見せている。

同社は半導体不況の長期化が懸念されるため、3月末までに約 1200人を削減するなどの構造改革を実施、今期に関連費用250億円を 計上する。期末配当は5円と前期の25円から減額、年間配当は30円 とする。前期の年間配は50円だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE