訂正:パシフィH、中国投資家との交渉継続-中柏Jの出資協議状況

不動産関連投資やファンド運営の パシフィックホールディングスは25日、旧産業再生機構の最高執行責 任者であった冨山和彦氏が設立した経営共創基盤の全額出資会社、中柏 ジャパンからの出資をめぐり、優先株式発行による約470億円の増資 実現に向け、優先株式の発行価格、発行条件などの見直しを行い、中柏 ジャパンを通じて中国の投資家との協議を継続していると発表した。

発表によれば、当初交渉していた中国の投資家10社以外の中国企 業とも交渉を進めている。

パシフィックは1月27日、昨年11月に中柏ジャパンとの間で締 結した投資契約に基づいた払い込みが受けられなくなったと発表してい た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE