債券相場は小幅高、1.3%台での需要や入札無難予想-中期債しっかり

債券相場は小幅高(利回りは低 下)。前日に新発10年債利回りが約2週間ぶりの1.3%台に上昇した ことを受けて、値ごろ感から投資家などからの買いが優勢となった。こ の日実施される2年債入札は無難な結果が予想されていることも相場を 支えた。

大和証券SMBCシニアJGBストラテジストの小野木啓子氏は、 「朝方は、前日のロンドン市場の値動きの影響で買いが入ったが、その 後は米債安や株高を受けて、上値が重くなった。2年債入札は、短期金 融市場でレポ(現金担保付債券貸借)金利が若干上昇していることが気 になるが、クーポン(表面利率)0.4%であれば一定の買いがあるだろ う」と語った。

東京先物市場で中心限月3月物は、前日比10銭高の139円20銭 で寄り付いた後、若干値を消し、138円96銭まで下落、16日以来の 139円割れとなった。その後は、徐々に買いが増え、結局13銭高の 139円23銭と午前高値で引けた。3月物の午前売買高は1兆1780億 円。

日経平均株価は続伸。前日比99円9銭高の7560円31銭で午前の 取引を終了した。

新発10年債利回り1.29%

現物債市場で新発10年物の298回債利回りは、前日比変わらず の1.30%で取引開始後、若干水準を切り上げ、0.5ベーシスポイント (bp)高い1.305%と10日以来の高水準をつけた。しかし、1.3%台 では買いが入り、一時は1.5bp低い1.285%まで低下。結局、1bp低 い1.29%で終了した。

中期債もしっかり。前回入札された2年債(277回債)は前日比

0.5bp低い0.405%に低下している。新発5年物の80回債利回りは

0.5bp低い0.73%で引けた。

トヨタアセットマネジメントのチーフファンドマネジャー、深代潤 氏は、「海外債券市場が軟調だったわりには、円債はしっかり。これま で中期債を中心に益出しの売りが出ていたが、金利が上昇したので売り が止まった」と説明した。

一方、超長期債は軟調。新発20年債は0.5bp高い1.93%、新発 30年債は1.5bp高い1.965%に上昇している。「超長期債は、為替と 連動してスワップ解消の動きが出ている。今までスワップが強かったこ との戻しが出ているのに引きずられた」(深代氏)という。

2年債入札、クーポンは0.4%

財務省は午前10時30分、2年利付国債(278回債、3月債)の 価格競争入札の実施を通知。クーポンは0.4%、発行額は2兆円程度を 提示した。278回債の発行日は3月16日、償還日は2011年3月15日。

JPモルガン証券シニア債券ストラテジストの徳勝礼子氏は、「日 銀の企業金融支援オペなどを受けて、一部優良銘柄を中心にコマーシャ ルペーパー(CP)金利が低下している。このため、2年債入札は、割 安なので買いと見ている」と述べた。

市場では、「短期市場は、日銀の金融政策にサポートされて、金利 変動が限定的とみれば、値上がり益はそれほど望めないが、0.43%か ら0.45%の水準での入札ならば、無難に消化されていく。取引業者の ショートカバー(売り建ての買い戻し)もあるようなので、順調な結果 になる可能性がある」(小野木氏)との声も聞かれた。

--共同取材:宋泰允  Editor:Hidenori Yamanaka, Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 池田祐美 Yumi Ikeda +81-3-3201-2490 yikeda4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Nicholas Reynolds +81-3-3201-8676 nreynolds2@bloomberg.net

日本に関するニュ-ス: NI JAPAN NI ASIA 債券に関するニュ-ス: NI GBN NI BON NI JPB NI ASB

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE