ガネットも9割減配、広告減少に対応-米新聞大手では3カ月で4社目

米紙USAトゥデーを保有する米新 聞発行最大手のガネットは25日、四半期配当を90%削減すると発表し た。米新聞業界では過去3カ月でニューヨーク・タイムズを含む少なく とも3社が広告収入の減少に対応し、減配または無配を発表しており、 ガネットもこれに追随した。

発表資料によると、ガネットは四半期配当を従来の40セントから4 セントに減らす。クレイグ・デュボー最高経営責任者(CEO)は「取 締役会が決めたこの日の行動は、米英における本格的なリセッション(景 気後退)と信用市場で続く困難な問題への賢明な対応だ」と語った。

ガネットは今回の減配によって、年間3億2500万ドル余りを節減で きる見通しで、同社はこれを債務返済に充てる考え。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE