米国債:下落、5年債入札結果振るわず-26日に7年債入札控え(2)

米国債相場は下落。2年および 5年債利回りは3カ月ぶり高水準に押し上げられた。午後に入り、 財務省が過去最大規模の5年債入札(320億ドル、最高落札利回り

1.985%)を実施。26日には7年債入札(220億ドル)が予定されて いる。米政府は国債入札を通じて景気対策に必要な資金を調達して いる。

米金融監督当局は、国内大手銀行を対象とする資産査定の結果、 資本調達が必要と判断された銀行に対し、6カ月以内の増資を求め ることを決めた。この発表後、米株式相場は金融株を中心に下げ幅 を縮小し、米国債は一段と下げた。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたこの日の入札直前の市場 予想では、最高落札利回りは1.974%と予想されていた。1月に実施 された前回の最高落札利回りは1.820%だった。

スティーブンズの債券ストラテジスト、トロイ・クラーク氏は 「供給主導の相場展開だ。利回りが上昇しているのはこれが理由 だ」と語る。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク 時間午後4時49分現在、既発債の5年債利回りは前日比11ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01ポイント)上げて1.99%。一時は昨年 11月28日以降で最高となる2.02%まで上昇する場面もあった。5 年債(表面利率1.75%、2014年1月償還)価格は1/2下げて98 7/8。2年債利回りは4bp上げて1.07%。

国債入札

財務省は26日、7年債の入札を実施する。規模は過去最大の 220億ドル。

この日の5年債入札では、投資家の需要を測る指標の応札倍率 は2.21倍と、前回(1月29日)の1.98倍を上回った。過去10回 の応札倍率は2.12倍となっている。

外国中央銀行を含む間接応札が落札全体に占める割合は48.9% と、2006年9月以降で最高だった。過去10回の同割合は平均で

28.1%だった。

ガイトナー長官

ガイトナー米財務長官は25日、財務省で行われたドノバン住宅 都市開発長官との会談で記者団に対し、政府は「金融機関による与 信が再び円滑に進むよう積極的に行動している」と語った。同長官 はまた、「われわれは大統領が先週発表した住宅支援計画の実行を 急いでいる」と述べた。

米金融監督当局は、米大手19行を対象に資産を査定する。財務 省の発表資料によれば、当局者はいわゆるストレステスト(健全性 審査)を4月末までに完了。監督者は各行について、2通りの経済 情勢のシナリオを前提に生じ得る損失を分析し、融資継続に必要な 自己資本額を算定する。

10年債とインフレ連動債

10年債と同年限インフレ連動債(TIPS)の利回り格差は1 ポイントと、1月29日以来での最小に迫っている。トレーダーの間 でインフレ率見通しが低下していることが示唆された。過去1年間、 同格差は平均1.67ポイントで推移した。

メリルリンチのデータによると、米国債の投資リターンは年初 から2.7%のマイナス。過去最大規模の国債供給が相場を押し下げて いる。昨年の同投資リターンは約14%のプラスだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE