ECBのオルドネス氏:ゼロ金利政策、実現しないとの見方は「妥当」

欧州中央銀行(ECB)の政策 委員会メンバー、スペイン中銀のオルドネス総裁は25日、ECBが 政策金利を0%に引き下げないと考えて「妥当だ」と述べた。

オルドネス総裁はマドリードでの記者団に対し、「金利を0% に引き下げるべきではないとの見方を支持している。ゼロ金利は投 資ファンドなどの一部金融機関にとって安定性を脅かす問題を生み 出す可能性がある」と語った。

同総裁はまた、ECBは引き続き、金融危機への対応策として金 利調整以外の「従来型ではない新手の政策手段」を模索していると 述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE