中国の華夏基金管理:欧米で投資先を模索-株価下落で割安感

中国最大の資産運用会社、華夏基 金管理は、新興市場の成長で恩恵を受ける投資先を米国と欧州で模索し ていることを明らかにした。

華夏基金管理の資産運用規模は260億ドル(約2兆5148億円)。 同社は株価下落の影響で、欧米市場への投資が割安になったと語る。投 資先を決める際には経営陣や長期的利益見通し、キャッシュフローを生 み出す能力を考慮するという。

華夏基金管理は、電子メールを通じて、「海外株式相場が大幅に 下落し、投資価値が出てきた。当社は妥当な価格で購入し、3-5年は 維持するつもりだ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE