三井物元トレーダー、ナフサ取引巨額損失隠ぺいで禁固5年-共同通信

共同通信は25日、シンガポールでの 石油製品の取引を巡り損失を隠ぺいしたとして、シンガポールの下級裁 判所が三井物産子会社の元契約社員に対し5年の禁固刑を言い渡したと 報じた。

判決を受けたのは元契約社員の山崎範行被告(38歳)。この報道に よると、同被告は三井物産シンガポール子会社に契約トレーダーとして 在籍していた2006年4月から10月にかけて、ナフサの取引で生じた 8100万ドル(現在のレートで約79億円)の損失を隠ぺいするために社 内の報告書に虚偽のデータを記入したとして、会計書類虚偽記載の罪に 問われていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE