米ウェルズ・ファーゴ:ゴルフのスポンサー費用削減へ-批判踏まえ

米銀ウェルズ・ファーゴは、4 月にスタートするPGAゴルフツアー「ワコビア・チャンピオンシッ プ」に投じるスポンサー費用の削減を進めている。同行は米金融安定 化策を通じて250億ドル(約2兆4000億円)の支援を受けており、 政府支援を受けた銀行の経費使途に対し議会の目が厳しくなっている ことに対応する。

ウェルズ・ファーゴは昨年ワコビア買収で合意。広報担当者のメ アリー・ベス・ナバロ氏が電子メールで明らかにしたところによると、 ワコビアは2014年まで同ツアーのスポンサー契約を結んでいる。同 氏は、ツアーに付随する顧客接待などの面で経費削減を図っていると しながらも、詳細については決定していないと説明した。

ナバロ氏は「このゴルフツアーは、顧客との関係構築に寄与して 当社の収入を大きく押し上げることにつながってきたが、経済環境を 踏まえ、すべての経費を慎重に見直す必要がある」と指摘。「契約履 行義務を果たしながら、最大限の経費節減を計画している」と語った。

同様に金融安定化策を通じて16億ドルの支援を受けた米ノーザ ン・トラストは、PGAツアー「ノーザン・トラスト・オプーン」を 開催し、顧客や従業員をもてなしたとして24日、議会から批判を浴 びた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE