NY原油時間外:小動き、通常取引は米株高好感し3日ぶり反発

ニューヨーク原油先物相場はアジア 時間25日の取引で小動き。前日の通常取引は、米株式相場の上昇を好感 し3営業日ぶりに反発した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限はシンガ ポール時間午前9時16分(日本時間午前10時16分)現在、2セント安 の39.94ドルで推移している。24日の通常取引は1.52ドル高の39.96 ドルで引けた。

24日の原油先物相場は、株高を受けて4%上昇した。原油先物価格 は、昨年7月11日に147.27ドルの過去最高値を付けて以来73%下落し た。日本の財務省によると、世界第3位の原油消費国である同国の1月 の原油輸入は前年同月比8%減少した。

ハドソン・キャピタル・エナジーのオプショントレーダー、クラー レンス・チュー氏は、「ダウやS&Pの反発を景気回復の兆候ととらえ ている。景気が上向けば原油需要も増加する。しかし、これは短期的な 上げ相場に終わりそうだ。経済がひどい状態にある現実に変わりはない と思う」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE