日本株は反発スタート、世界経済不安和らぎ輸出や金融に買い-円安も

東京株式相場は反発して始まった。 バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長の証言をきっかけに、 世界経済悪化への不安が和らいでいる。外国為替市場での円安進行も追 い風となり、キヤノンやソニー、ホンダなど輸出関連株が上昇。三菱U FJフィナンシャル・グループ、野村ホールディングスなどの金融株に も買いが先行している。

日経平均株価の始値は前日比99円88銭(1.4%)高の7368円44 銭、TOPIXは同9.19ポイント(1.3%)高の739.47。東証業種別 33指数は全てが上昇。個別では三菱重工業、NTTドコモ、りそなホ ールディングスが高く、住友金属鉱山、KDDI、大阪ガスが安い。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE