アジア株:上昇、円安や商品高を好感-トヨタや豪BHPが高い

25日午前のアジア株式相場は上昇。 MSCIアジア太平洋指数は前日付けた約5年ぶりの安値から持ち直 している。外国為替市場での円安や商品相場上昇を受けて、日本の自 動車メーカーやアジアの資源関連銘柄を中心に買われている。

トヨタ自動車が高い。円が対ドルで3カ月ぶりの安値を付けたこ とを好感した。銅・原油相場の上昇を背景に、鉱業最大手、オースト ラリアのBHPビリトンは2%高。

日興コーディアル証券の西広市エクイティ部部長はブルームバー グテレビジョンとのインタビューで、円相場が「輸出企業の想定レー トと比べ円安水準で動いていることも輸出株などにプラスに働く」と 述べた。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前10時20分時点で、前 日比1.3%高の75.28。日経平均株価は同1.4%高の7370円05銭。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE