新日石:2月原油処理量を追加減産し16%減に-3月は22%減

新日本石油は25日、2月の原油処理 量を追加減産し、前年同月比16%減の405万キロリットルにすることを 明らかにした。従来は12%減の424万キロリットルだった。3月につい ては22%減の399万キロリットルを計画している。C重油を中心に石油 製品需要の減少傾向が続いていることが響いた。

新日石広報によると、2月の新日石の石油製品販売は、暖冬傾向で 灯油が前年比40%減。景気後退の進行で軽油やA、C重油などが10%以 上減少した。ガソリンに関しても10%程度の減少を見込んでいるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE