オバマ大統領:米国はかつてない力強さで回復と訴えへ-施政方針演説

オバマ米大統領は24日夜(日本 時間25日午前)に上下両院合同本会議で行う就任後初の施政方針演説 で、国民や議員らに対し、米国は経済危機という難題に対処し、「かつ てない力強さ」を伴って危機から回復するとアピールする見通しだ。

ホワイトハウスが公表した演説の抜粋によれば、大統領は「われわ れは困難で不安定な時期を生きているが、今夜私が全国民に分かっても らいたいのは、われわれは復興する、われわれは回復するということ だ」と強調。「現在の危機の重しがこの国の運命を左右することはな い」と訴える。

リセッション(景気後退)対策に取り組むオバマ大統領は議会や有 権者らに対し、自身が打ち出した経済再生策が成功すると説得しようと している。オバマ大統領はこれまでに、7870億ドル(約76兆1400億 円)規模の景気対策、銀行救済策、住宅差し押さえ防止策を打ち出す一 方、政府が積極的な措置を講じなければ、経済的な「大惨事」を招きか ねないと警告を発してきた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE