東京外為:円の軟調地合い継続へ、逃避通貨としての需要が減退

きょうの東京外国為替市場では円 の軟調地合いが続く見通し。早朝の取引ではドル・円相場が1ドル= 96円台後半と約3カ月ぶりの円安水準で推移。世界的な景気後退が深 まるなか、国内景気の急激な悪化や政治の混迷を背景に逃避通貨とし ての円需要が減退しており、引き続き円の買い持ち高を解消する動き が先行しそうだ。

一方、久々の円安水準ということで、東京時間日中は国内輸出企 業などの円買い需要も見込まれる。ただ、ドル・円は1月のドル高値 をしっかりと上抜けるなど、テクニカル的にも円の下値余地が広がっ ており、円の上値では戻り売りが優勢となりそうだ。

ユーロ・円相場は1ユーロ=124円台半ばと約1カ月半ぶりの円 安値圏で推移。ユーロ・ドル相場は1ユーロ=1.28ドル台後半。

24日の海外市場では東京時間からの円売りの流れが継続し、対ド ルでは一時、96円93銭と昨年11月25日以来の円安値を記録。対ユ ーロでも124円76銭と今年1月9日以来の水準まで円安が進んだ。

米商品先物取引委員会(CFTC)によると、シカゴマーカンタ イル取引所(CME)国際通貨市場(IMM)では、ドル・円先物取 引の非商業部門の円の買い越し幅が今月17日時点で3万6188枚だっ た。今月3日時点では5万518枚と昨年4月下旬以来の水準まで買い 越し幅は拡大していたが、昨年10-12月期の日本のGDP(国内総生 産)が大幅な落ち込みとなり、中川財務相の辞任など政治不信が高ま るなか、投機筋による円の買い持ち高の解消が進んでいる。

こうしたなか、この日は午前8時50分に1月の貿易統計が発表さ れる。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査によれ ば、赤字額が1兆2000億円に拡大する見通し。米国を中心に世界経済 が急速に冷え込むなかで、国内景気のけん引役だった輸出が急激に落 ち込んでいることがあらためて確認されそうだ。

米指標が記録的な落ち込み、株価は反発

米民間調査機関のコンファレンス・ボードが24日に発表した2月 の米消費者信頼感指数は25に低下し、1967年の統計開始以来で最低 を記録。また、全米20都市を対象にした2008年12月の米スタンダー ド・アンド・プアーズ(S&P)/ケース・シラー住宅価格指数は前 年同月比で18.5%低下と、01年の集計開始以来で最大の落ち込みを記 録した。

バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長は24日、上院銀 行委員会の証言で、米国経済が厳しい縮小過程にあると指摘し、当局 が金融システムを安定させない限り、リセッション(景気後退)が2010 年まで続く可能性があると予想した。

一方、24日の米国株は大幅反発。バーナンキ議長が銀行を国有化 する必要はないと議会で証言したことが買いを呼び、S&P500種の 金融株指数は8日ぶりに上昇している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE