米シティ:普通株約40%取得で財務省と合意近い、25日に発表も-FT

【記者:内田良治】

2月24日(ブルームバーグ):米金融大手シティグループと財務省は、 シティ普通株の約40%を連邦政府が取得することで合意に近づいてお り、25日ないし26日にも発表される可能性がある。英紙フィナンシャ ル・タイムズ(オンライン版)が24日、状況に詳しい複数の関係者の話 として伝えた。

関係者らによれば、シティの経営幹部と財務省当局者との協議が週 末以降進展している。ただ、シティが提示した完全な国有化には至らな い提案を政府はまだ承認しておらず、合意はなお成立していないという。

複数の内部関係者によれば、総額450億ドル(約4兆3500億円)の 公的支援の一環として政府が取得したシティの優先株を普通株に転換し、 政府の出資比率を最大40%前後に引き上げることが合意の柱となる。ま た、政府系ファンド(SWF)や年金基金など他の投資家も合計300億 ドル余りの優先株の一部を普通株に転換する見通し。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE