米トウモロコシ・大豆先物:続伸-米株式相場上昇が需要改善を示唆

シカゴ商品取引所(CBOT)で は24日、トウモロコシと大豆相場が続伸した。米株式相場の上昇が食 料や飼料、穀物を原料とする燃料の需要改善を示唆しているとの観測が 高まった。

バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が銀行を国有化 する必要はないとの見解を示したことから銀行株が上昇。米株式相場は 過去1カ月余で最大の上昇率を示した。オバマ米大統領は24日夜、上 下両院合同会議で就任後初の施政方針演説を行う。リセッション(景気 後退)の深刻化により需要が減退するとの懸念を背景に、トウモロコシ と大豆相場は20日、9週間余ぶりの安値まで下げた。

リスク・マネジメント・パートナーズ(アイオワ州)のゲーリ ー・レア社長は「相場はようやく、需要を破壊するのではなく創出する 水準となった」と指摘。「大統領が市場心理を再び投資に向かわせるよ うな楽観的なメッセージを発するとの期待が高まっている」と述べた。

CBOTのトウモロコシ先物相場3月限終値は前日比2.5セント (0.7%)高の1ブッシェル当たり3.5425ドル。大豆先物相場5月限 は7.5セント(0.9%)高の同8.835ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE