オバマ米大統領:施政方針演説、国民に希望抱かせることが鍵

オバマ米大統領は24日夜(日本時 間25日午前)に就任後初となる施政方針演説を上下両院合同会議で行 う。景気対策への支持を得るため、これまで米経済が直面するリスクを 強調してきたオバマ大統領には今後、景気に対する楽観的見方を国民に 抱かせることが求められている。

オバマ大統領はこれまでに、7870億ドル(約76兆1400億円)の 景気対策、銀行救済策、住宅差し押さえ防止策の3つの経済対策を打ち 出した。政治アナリストやエコノミストは、オバマ大統領は今後、これ らの経済対策が効果を発揮すると議会や国民に期待を抱かせることが必 要だと指摘する。

独立系アナリストのスチュアート・ローゼンバーグ氏は、「まさに 綱渡りだ」と指摘。「大統領は国民に対し、われわれが直面している困 難な状況を思い出させる一方、必ず成功することを強調するという際ど い所を行かねばならない」と説明した。

ホワイトハウスのギブズ報道官は、大統領が演説で、経済政策や住 宅差し押さえの急増、財政赤字削減計画、金融市場の「再規制」を中心 に語るだろうと述べた。ただ、ホワイトハウスは詳細については明らか にしていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE