NY原油(24日):3日ぶり上昇、米株高で燃料消費拡大に期待

ニューヨーク原油先物相場は3日 ぶりに上昇。米株式相場が上昇したことから、燃料消費の増加につなが るとの期待が広がった。

原油相場は昨年7月11日に記録した最高値のバレル当たり

147.27ドルから73%下落した。日米欧がリセッション(景気後退)に 直面する中で、燃料消費は減少している。米エネルギー省は25日、原 油の在庫統計を発表するが、ブルームバーグ・ニュースのまとめた調査 では在庫増が予想されている。

JPモルガン・チェースの商品調査グローバル責任者のローレン ス・イーグルス氏は「株式相場は市場参加者の経済に対する見方を反映 している。それは需要にも影響を与える。原油市場はかろうじてバラン スをとっている。方向性を決める鍵は需要見通しだ」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は前日 比1.52ドル(4%)高の1バレル=39.96ドルで終えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE