日米首脳会談:経済中心に協議、ドル信認の重要性指摘-麻生首相(2)

麻生太郎首相とオバマ米大統領 は24日、ワシントンのホワイトハウスで会談した。初の顔合わせとな った両首脳の会談では経済問題をはじめ、アフガニスタンや気候変動な どを話し合い、麻生首相は「話の中身は濃かった」と記者団に語った。

麻生首相はオバマ大統領について、「一緒に手を携えてやってい ける信頼たる指導者という印象が一番だった」と語った。会談の半分が 経済の問題だったと述べ、基軸通貨であるドルの信頼の維持が一番肝心 だということをオバマ大統領に伝え、「基軸通貨のドルの信頼が損なわ れると非常に大きな影響が出る」と指摘したことを明らかにした。

首脳会談は、先週訪日したクリントン国務長官と中曽根弘文外相 の間で合意、発表されたもので、麻生首相は、オバマ大統領がホワイト ハウスに招く最初の外国首脳となった。オバマ政権の日米同盟重視を象 徴する会談は、一方で、内閣支持率が10%台前半にまで低下するな ど、麻生首相にとって政権運営が一段と厳しくなる中、開催された。

オバマ大統領は会談の冒頭、「日米友好関係は米国にとって極め て重要だ」と語り、日本については東アジアにおける安全保障の「礎石 だ」と述べた。

麻生首相によると、両首脳はアフガニスタン問題を話し合った際、 パキスタンとイランも大事だということで一致した。日本がパキスタン 支援会議を東京で開催すること、さらには韓国と共同で進めている職業 訓練に対し、オバマ大統領から感謝を伝えられたという。

麻生首相はまた、東京で鉄道への依存率が76%という話題を含 め、エネルギー効率やアメリカの自動車文化にも話が及んだと述べた。

会談は現地時間午前10時半頃に始まり、11時49分に終了。会 談を終えた両首脳は記者団にはコメントせず、肩を組んで歩いていく後 姿をカメラに見せるにとどめた。

麻生首相は会談後はリチャード・アーミテージ元国防副長官やジ ョン・ハレムCSIS所長らとの昼食会に出席し、ダニエル・イノウエ 議員の表敬を受けた。ワシントンを夕方に発つ予定だ。

--共同取材:廣川高史Roger Runningen, Editor : Akiko Nishimae

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 坂巻幸子 Sachiko Sakamaki +81-3-3201-7298 ssakamaki1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE