ロンドン外為:円が対ドル12週ぶり安値-景気悪化で逃避需要が後退

24日午前のロンドン外国為替市場 では、円がドルに対して12週間ぶりの安値を付けた。日本の景気悪化 で、欧米の金融危機からの逃避先としての円の魅力が低下した。

円は対ユーロでも1カ月ぶりの安値に近づいた。麻生太郎内閣の 支持率低下との一部報道なども嫌気され、円は売られた。

ロンドン時間午前9時10分(日本時間午後6時10分)現在、円 は1ドル=95円56銭と、前日のニューヨーク市場での94円61銭か ら下落。対ユーロでは、1ユーロ=121円88銭と、前日の120円10 銭から値下がり。前日は一時121円93銭と、1月19日以来の安値を 付けた。ドルの対ユーロ相場は、1ユーロ=1.2751ドル(前日は

1.2694ドル)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE