債券は長期債が小幅高、20年入札順調で買い安心-2年債軟調(終了)

債券市場では長期債相場が小幅高 (利回りは低下)。朝方は、前日の米国株相場の急落を受けて日経平均 株価が続落したことで買いが先行した。その後、2年などの中期債が売 られたことでやや伸び悩んだものの、午後に発表された20年債入札結 果が順調となったことで買い安心感が広がり、相場は底堅く推移した。

T&Dアセットマネジメントの竹田竜彦シニアファンドマネジャー は、入札結果はそこそこ良かったと指摘。「生命保険や年金などALM (資産・負債の総合管理)の観点で買わなければいけない投資家が着実 に買いを入れてきた。入札結果を好感して、債券は午後に堅調となっ た」と説明した。

東京先物市場の中心限月3月物は、前日比4銭高い139円65銭で 取引を開始。直後に139円73銭まで上昇したが、その後は水準を切り 下げ、午後の取引後には139円47銭まで下げた。1時半過ぎから水準 を切り上げ、一時は139円73銭と朝方に付けた日中高値に並んだが、 買いは続かず、結局は3銭安い139円58銭で終了した。3月物の日中 売買高は2兆299億円。

朝方の相場では、日米で株安が進んだことが買い材料となった。 23日の米株相場は大幅続落。世界的な景気悪化懸念から、景気敏感株 を中心に売り込まれ、ダウ平均は250ドル89セント安の7114ドル78 セントと1997年5月以来の安値となった。これを受けて、日経平均株 価は午前の取引で、一時7155円まで下げて、昨年10月27日に付けた バブル経済崩壊後の終値ベースの最安値(7162円)を下回った。

景気の先行指標とされる株価の下落は、本来は債券の買い材料だが、 3月決算期末を控えているだけにマイナスの要因になると懸念する見方 も出ていた。RBS証券の市川達夫シニアストラテジストは、「株安は、 投資家のリスク許容度の低下や決算に向けた益出しの売りも誘う。3月 末までは、株価の着地点のめどを探る動きが続いて、債券相場は動きづ らい」という。

新発10年債利回りは1.26%

現物債市場で新発10年物の298回債利回りは、前日比0.5ベー シスポイント(bp)低い1.265%で取引を開始した。直後に1bp低い

1.26%まで下げたが、次第に水準を切り上げ、昼前には1.275%まで 上昇した。午後に入ると徐々に水準を切り下げて、3時過ぎからは1 bp低い1.26%で推移している。

一方、2年債は軟調。新発2年物の277回債利回りは午後3時過 ぎに2bp高い0.405%に上昇している。午前に0.40%を付けた後、い ったんは0.395%に持ち直したが、再び売られた。26日に2年債入札 を控えていることや3月決算期末が接近する中で株安が進んでおり、中 期債の主要な投資家層である銀行から益出しの売りが出ているもようだ。

損保ジャパン・グローバル運用部の砺波政明グループリーダーは、 「株価の下落によって、比較的安全な資産として債券を買う動きと、債 券を売って利益を確定する動きとが交錯している。3月末の決算までは こうした動きが続くとみられる」と言う。

20年入札順調、最低価格は予想上回る

財務省がこの日実施した表面利率1.9%の20年利付国債(108回 債、2月発行)の入札結果は順調だった。最低落札価格は100円5銭 となり、市場予想(100円ちょうど)を上回った。最低と平均落札価格 (100円9銭)との差である「テール」は4銭と前回債の5銭から1銭 縮小し、応札倍率は3.12倍と前回債の2.88倍から上昇した。

入札結果について、損保ジャパンの砺波氏は、「予想していた通り、 比較的に順調だった」と評価した。入札後の業者間市場で新発20年物 の108回債は100円14銭(利回りは1.89%)と、平均落札価格の 100円9銭を上回って推移している。

--共同取材:池田祐美、宋泰允 Editor:Tetsuzo Ushiroyama, Hidenori Yamanaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 山中英典 Hidenori Yamanaka +81-3-3201-8347 h.y@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Nicholas Reynolds +81-3-3201-8676 nreynolds2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE