百十四銀:前支店長らが4社に不明朗融資-9億円超が回収不能に(2)

香川県を営業基盤とする地銀の百 十四銀行は24日、同行九条支店(大阪市西区)の前支店長(54)と行 員(37)が07年8月から約半年の間に大阪市内の取引先4社に不明朗 な融資を行い、9億4900万円の回収不能見込みが発生していたと発表 した。既に2008年3月期で全額を引き当て処理済みとしている。

発表によると、10億4800万円の融資の大半が焦げ付いた。広報 CSRグループ長の谷本享三氏によると、同行は昨年6月に大阪府警に 損害を報告した。竹崎克彦頭取は24日午前、高松市内で記者会見して 陳謝。同日付で2人を懲戒解雇処分とした。

24日の読売新聞(電子版)は、支店側と不動産会社グループ4社 を実質経営する元暴力団員(39)との癒着がこの融資の背景にあると 報じた。また、同日のNHKは大阪府警が特別背任容疑で元暴力団員の 関係先を捜索したと報じた。

百十四銀の株価は午後2時24分現在、前日比15円(3.4%)安 の428円で推移している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE