高島屋:12年に上海で出店へ、中国に進出-投資額は40億円(3)

百貨店の高島屋は24日、中国に進 出すると正式発表した。2012年に上海市に出店する予定。国内市場は 少子高齢化や景気低迷で縮小傾向にあるため、成長が期待できる中国で の事業拡大を図る。

投資額は約40億円で、会見した水野英史常務は「10年以内の回収 を目指す」という。出店場所は上海市長寧区。現地のデベロッパーが上 海市の高級住宅街「古北新区」に開業する複合ビルに入居する。地下1 階・地上7階建てで、売り場面積は約4万平方メートル。食料品、衣料 品、家庭用品まで幅広い商品を展開する。

上海は百貨店の主要顧客である富裕層や中上流階層が多いうえ、 2010年の万博開催を控えて地下鉄などのインフラ整備も進み、さらな る経済発展が見込まれる。出店に向け、すでに現地法人を設立する手続 きに入っている。

同社の海外での本格展開はシンガポール、台湾に次いで3カ所目。 日本の百貨店としての中国進出は三越伊勢丹ホールディングス傘下の伊 勢丹に次いで2社目となる。

水野常務は「国内での成長戦略には限界がある。海外ではシンガポー ルでの成功スキームを生かすことができる」と述べた。当面は上海のみ だが、将来的には中国における他地域やベトナムへの出店にも意欲を示 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE