米ファニーとフレディ:優先、劣後債ともに高格付け維持へ-フィッチ

格付け会社フィッチ・レーティング スは23日、米政府系住宅金融大手ファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)と フレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)は政府支援を受けているため、 両社の優先債と劣後債は今後も高い格付けが維持されるとの見通しを明 らかにした。

フィッチは発表文で、ファニーメイとフレディマックは「手に負え ないほどの損失」を抱えているものの、優先債が「AAA」、劣後債が 「AA-」となっている格付けが引き下げられる可能性は低いとの見方 を示した。

-- Editor: Don Perman, Alan Goldstein

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: Jody Shenn in New York at +1-212-617-2380 or jshenn@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dave Liedtka in New York at +1-212-617-8988 or dliedtka@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE