英国債:下落、銀行株上昇で国債売り優勢に-10年債利回り3.47%

英国債相場は下落。FT350種銀 行指数が大幅上昇したことを受け、国債売りが優勢となった。

英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RB S)関係者は同行が10億ポンド以上の経費削減を計画していると発言 した。また、米紙ウォールストリート・ジャーナルがこの日、米政府が 大手銀行のシティグループの持ち株比率を引き上げる可能性があると報 じ、銀行株の買いにつながった。

10年債利回りは前週末比6ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)上昇の3.47%。同国債(表面利率4.5%、2019年3月償還) は0.49ポイント下げ108.70。2年債利回りは4bp上げ1.51%となっ た。

2年債に対する10年債の上乗せ利回りは194bpと、前週末から ほぼ変わらず。ただ、少なくとも17年ぶり最大となった9日時点の 229bpからは縮小している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE