ホンダ:社長交代で経営の若返り図る-変化を先取りして迅速な経営へ

6月下旬の社長交代を内定したホ ンダは23日、福井威夫社長が都内の本社で会見し、企業が永続するた め経営の世代交代は非常に重要などと述べ、若返りを図る考えを示した。 今回の社長交代を検討するに際して、昨年11月以降の自動車業界を取 り巻く厳しい状況は想定外だったと説明した。次期社長の伊東孝紳専務 には「正月休みに入る直前」に知らせたという。

伊東専務は低迷している自動車市場に関して、来期の下期には回 復の兆しが出てくることに期待を表明。抱負としては「変化を先取りで きる会社にしたい」としたほか、「よりスピーディな経営にかえたい」 と語った。さらに、新しい時代を切り開く商品を開発するとも述べた。

さらに、伊東専務が4月1日付で本田技術研究所の社長に再び就 き、6月のホンダ社長就任後も兼務することについて、福井社長はコン パクトな経営が必要なほか、即断即決ができると強調した。

一方、ホンダが自動車レースのフォーミュラーワン(F1)から 撤退し、チームの売却先を探していることに関して、福井社長は「買い たいという話は来るが、まじめに買ってくれるところはまだ来ていな い」とし、「最後の努力は続けているので、まったく不可能ではないと みている」と語った。

--共同取材:小松 哲也、北村 真樹子 Editor:Hideki Asai

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 松田 潔社 Kiyotaka Matsuda +813-3201-8694 kmatsuda@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Bret Okeson +81-3-3201-8335 bokeson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE