S&P:日産自の格付けBBBに1段下げ-クレジット・ウォッチ解除

スタンダード・アンド・プアーズ (S&P)は23日、日産自動車の長期格付けを「BBB」に1段階引 き下げ、「クレジット・ウォッチ」を解除したと発表した。財務内容の 健全性が低下しつつあると判断した。

日産自の格付けについては、急速な業績悪化を受け、10日付で引 き下げ方向の「クレジット・ウォッチ」に指定していた。

S&Pでは日産自について、世界的な自動車販売不振と円高で収 益性とキャッシュフローが著しく圧迫されていると指摘。自動車市場の 急回復は見込めず、2010年3月期も引き続き収益が大きく圧迫される という。ただ、在庫調整の一巡や設備投資の抑制などで、フリー・キャ ッシュフローの小幅黒字を達成することは可能と現時点でみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE