米財務省アドバイザーが破産法に備えGMなどに融資検討-WSJ紙

米紙ウォールストリート・ジャー ナル(WSJ、オンライン版)は23日、米財務省のアドバイザーが、 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)とクライスラーに資金の必 要性が生じた場合に備え、少なくとも400億ドル(約3兆7200億円) の融資を手配する準備を開始したと報じた。破産法申請に備えた融資と しては過去最大となるという。事情に詳しい複数の関係者の話として伝 えた。

同紙によれば、この計画では民間の金融機関に対し、GMとクラ イスラーに再建企業向け融資(DIP)を提供するよう要請している。 実施されれば、同融資の一部を、政府が昨年両社に提供した174億ド ルの融資の返済に回せるようになるという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 森 茂生 Shigeki Mori +81-3-3201-3843 smori1@bloomberg.net Editor:Joji Mochida 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dave Mccombs at +81-3-3201-8861 or dmccombs@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE