債券相場は小幅高、米債高・株安受け買い優勢-金融不安で

債券相場は小幅高(利回りは 低下)。世界的な金融不安の強まりを受けて、買い優勢の展開と なった。前週末の米国市場で、銀行国有化観測を背景に、株安・ 債券高となった地合いを継続。中小企業向け金融サービスSFC Gが民事再生法適用を申請したことを受けて国内株が続落したこ とも支援材料となった。

損保ジャパン・グローバル運用部グループリーダーの砺波政 明氏は、「海外市場の地合いを引き継いだほか、日経平均株価が 下落したことを受けて買いが入った。ただ、株価が下げ渋った後 は、債券も伸び悩んだ」と指摘。「数週間前に日経平均が8000円 を下回ると、リスク許容度が低下し、債券に利益確定の売りが出 たが、足元では債券へと資金が流れる『質への逃避』の動きとな っている」と述べた。

東京先物市場で中心限月3月物は、前週末比15銭高の139円 65銭で取引を開始。その後は、買いが膨らみ、日中高値139円97 銭まで上昇、約1カ月半ぶりの高値をつけた。午後は、株価の下 げ渋りを受けて、徐々に上げ幅を縮小し、日中安値139円59銭ま で伸び悩んだ。結局、11銭高の139円61銭で終了した。3月物の 日中売買高は1兆5937億円。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は23日、米 銀大手シティグループが連邦当局と協議を進めており、同行への 政府出資比率が引き上げられる可能性があると報じた。米政府は 最終的にシティの普通株の最大40%を取得する可能性があるとい う。

日経平均株価は続落。一時200円超の大幅安となった後、 徐々に下げ幅を縮小し、前週末比40円22銭安の7376円16銭で 取引を終了した。

SFCGはこの日、東京地裁に民事再生手続き開始を申し立 てて受理された。負債総額は3380億円。今年最大の上場企業の経 営破たんとなる。

新発10年債利回りは1.27%

現物債市場で新発10年物の298回債利回りは、前週末比2ベ ーシスポイント(bp)低い1.25%で取引開始。その後は、徐々に低 下幅を縮小し、午後3時過ぎは前週末比変わらずの1.27%で推移 している。

超長期債は堅調。新発20年債利回りは2bp低い1.89%、新 発30年債利回りは1bp低い1.905%で推移している。

三菱東京UFJ銀行円貨資金証券部副部長の峯島泰樹氏は、 「株が軟調となったので、債券は買われた」と説明。シティグル ープへの政府出資比率引き上げ報道については、「直接的な影響 はないが、信用リスクが後退し、信用市場が変わると影響してく ると思う」と語った。

20日の米国債相場は反発。銀行国有化の観測から株価が大幅 安となり、安全な米国債へ資金が流れた。一方、米株式相場は下 落。S&P500種株価指数は週間ベースで下落、ここ3カ月で最大 の値下がりだった。

あす20年債入札、1.9%リオープンか

財務省はあす20年利付国債価格競争を入札実施する。表面利 率(クーポン)は前回1月27日入札の108回債と同じ1.9%で、 リオープン(銘柄統合)が予想されている。発行額は前回債と同 じ9000億円程度。

大和証券SMBC債券調査部シニアJGBストラテジストの 小野木啓子氏は、「業者筋のショートカバー(カラ売りの買い戻 し)需要がまちまちなので、フタをあけて見なければ分からない。 来週は30年債入札も続くので、超長期債は、あす午前中に調整の 動きになるのではないか。きょうは地合いが強く、超長期債も買 われている」と述べた。

--共同取材 東京 宋泰允 Editor: Norihiko Kosaka, Hidekiyo Sakihama

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 池田祐美 Yumi Ikeda +81-3-3201-2490 yikeda4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Nicholas Reynolds +81-3-3201-8676 nreynolds2@bloomberg.net

日本に関するニュ-ス: NI JAPAN NI ASIA 債券に関するニュ-ス: NI GBN NI BON NI JPB NI ASB

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE