タイの10-12月期GDP:前年同期比4.3%減-予想上回る落ち込み

タイ国家経済社会開発庁(NES DB)が23日発表した2008年10-12月(第4四半期)の国内総生産 (GDP、季節調整済み)は前年同期比4.3%減と、予想よりも大幅な マイナス成長となった。輸出と観光の落ち込みが響き、同国は10年ぶ りのリセッション(景気後退)の瀬戸際に追い込まれた。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト17人の予想で は、GDPは2.8%減(中央値)と見込まれていた。マイナス成長は1999 年1-3月(第1四半期)以来初めて。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE