「マディア・ゴーズ・トゥ・ジェイル」が初登場首位-北米映画興収

週末の北米映画興行収入ランキ ングはライオンズゲート・エンターテインメントの「マディア・ゴー ズ・トゥ・ジェイル(原題)」(タイラー・ペリー主演)が4110万 ドルを稼ぎ出し、初登場首位となった。

調査会社メディア・バイ・ナンバーズが22日発表したところに よれば、先週トップだった「13日の金曜日」シリーズ最新作は783 万ドルにとどまり、6位に転落した。この週末に公開された「ファイ アード・アップ(原題)」は600万ドルで9位だった。

マディア・ゴーズ・トゥ・ジェイルはタイラー・ペリー主演作で 初登場首位となった4本目の作品で、オープニング週の興行収入とし ては4本の中で最高だった。メディア・バイ・ナンバーズによれば、 2005年の「ダイアリー・オブ・ア・マッド・ブラック・ウーマン」 以来、タイラー・ペリー出演7作品の興行成績は計3億2030万ドル に上る。

メディア・バイ・ナンバーズのポール・ダーガラベディアン社長 はインタビューで、「タイラー・ペリーというブランドの力を示して いる」と述べた。

メディア・バイ・ナンバーズがまとめた興行収入上位10作品は 以下の通り。興行収入は20日、21日の実績および22日の推定値の 合計。

作品名       興行収入  劇場数  週 劇場平均 変化率 興行収入合計
           (百万ドル)             収入(ドル) (%) (百万ドル)
1. Madea       $41.1    2,032    1   $20,236   --  $41.1
2. Taken        11.4    3,102    4     3,675   -40  95.2
3. Coraline     11.0    2,155    3     5,119   -25  53.4
4. Into You      8.5    3,050    3     2,800   -56  70.1
5. Slumdog       8.1    2,244   15     3,587   +11  98.0
6. Friday 13th   7.8    3,105    2     2,520   -81  55.0
7. Shopaholic    7.0    2,507    2     2,800   -53  27.7
8. Paul Blart    7.0    2,835    6     2,469   -36 121.4
9. Fired Up      6.0    1,810    1     3,315   --    6.0
10.International 4.5    2,364    2     1,882   -52 17.0
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE