ASEANプラス3財務相会議:外貨融通枠1200億ドルで合意

【記者:Shamim Adam and Seyoon Kim】

2月22日(ブルームバーグ):タイ・プーケットで開催された東 南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)財務相会議は22 日、外貨融通枠を1200億ドル(約11兆2000億円)に拡大するこ とで合意した。世界的なリセッションが深刻化する中で、参加各国の通 貨を防衛するために活用できる。

外貨を融通し合う「チェンマイ・イニシアチブ」については、多国 間の枠組みとし、融通枠を800億ドルとすることが昨年5月に決まっ ていたが、総額で50%増加となる。

同会議は共同声明で、「資本流入」の大規模な逆転が「金融市場に 悪影響を与えており、成長見通しを損なう恐れがある」と指摘。「これ が世界的な景気下降で既に弱っている地域経済にとって、重大な下振れ リスクとなる可能性がある」との認識を示した。

日本と中国、韓国の3カ国が総額の約80%、残りをASEAN10 カ国が負担する。各国の具体的な負担額は依然議論が続いている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE