第一三共:インフル薬を11年にも製品化、1回吸引効果1週間-日経

22日付の日本経済新聞朝刊は、第 一三共がインフルエンザ予防の新薬を2011年にも製品化すると報じた。 国内でシェア8割を占めるロシュ社製のタミフルは毎日服用する必要が あったが、粉末状の同予防薬は1回吸引すると効果が1週間続くため患 者負担が小さいという。動物実験ではタミフル耐性ウイルスへの効果も 確認されているとしている。

さらに同紙によると、富士フイルムホールディングス子会社の富山 化学工業も、開発中の新薬が鳥インフルエンザにも有効か確認する作業 を早ければ年内からアジアで開始する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE