【主要朝刊】米中危機対策合意、第一三共インフル、東洋電中国受注

朝刊各紙の主なニュースは以下の 通りです。

【各紙】 ▽米中:金融危機対策で協力、米国債の中国保有期待-安保で対話 ▽米シティとバンカメ:国有化観測一段と、米株安につながる ▽アフガン対策を日米共同で取り組み、24日に首脳会談で合意へ

【朝日】 ▽NHKと民放:TV界の下請けいじめ是正で来月指針、契約書義務化 ▽厚労省:高齢者の生活支援、50市町村でご近所ファンドを試行 ▽NWの乱気流事故機:調査前に業者が清掃、対応に疑問の声

【読売】 ▽海賊対策法案:海賊船への射撃可能に、外国船も保護-概要明らかに ▽次世代高速無線通信:ニフティなど17社が参入、UQから回線借り ▽民主、社民、国民新の3党:連立念頭に政策協議の開始で合意 ▽NTT西日本:子会社が残業代2億円超未払い、是正勧告受け調査

【毎日】 ▽定額給付金:ネットカフェ難民らへ届かない、自治体9割が対策なし ▽日興コーデ証の争奪、大手3行の狙いは営業力-証券業界大変動も ▽首相への問責決議案提出、時期探る民主-内外に積極論で世論にらみ

【日経】 ▽国内製薬各社、インフル薬の製品化急ぐ-第一三共は11年にも ▽民主が追加経済対策、月内にも独自案-学校耐震化や介護報酬上げ ▽キヤノン:来春新卒採用6割減、「契約」の正社員化は継続 ▽東洋電:中国で高速鉄道車両向け駆動装置を受注、国内で生産倍増 ▽08年の太陽電池出荷量36%増、09年も拡大へ-太陽光発電協会

【東京】 ▽かんぽの宿:稼働率7割で7割赤字、人件費など割高体質が圧迫 ▽警視庁、振り込め詐欺団周辺と神経戦-「道具屋」おびき出し作戦

【産経】 ▽骨髄移植手術の実施が綱渡り、手術キットの製造再開遅れ在庫頼み ▽総務省:MVNOで大手の回線借り抑制、携帯の新規参入促す ▽手芸が若い女性にブーム、手づくりの温かみ「ぜいたくな時間」 ▽高級ホテル:値崩れ急速で稼働率低迷、75%割安プランも

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE