カナダ・ドル(20日):3日続伸、米ドル高進行観測が後退で

20日の外国為替市場では、カナダ・ドルが 3日続伸。日中は下げる場面もあったが、上昇に転じた。トレーダーの間で、 米ドル高が進行するとの見方が後退した。

米ドルはスイス・フランや円、豪ドルに対しても下落した。

エアステ・バンクの外国為替部門のバイス・プレジデント、ジョセフ・フラ ンコマノ氏(ニューヨーク在勤)は米ドルについて、「いったん枠を出てしま うと、もはや統制が取れなくなるだろう」とし、「米ドルが午後の間、不安定 な動きを続けても驚かないだろう」と述べた。

カナダ・ドルはトロント時間午後5時(日本時間21日午前7時)現在、前 日比0.5%高の1米ドル=1.2520カナダ・ドル(1カナダ・ドル=0.7987米ド ル)。一時は1.3%安の1.2423カナダ・ドルとなった。19日は1.2580カナダ・ ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE