シュタルクECB理事:域内相互救済禁じた規則はユーロの基盤-独誌

独誌シュピーゲルによると、欧州 中央銀行(ECB)のシュタルク理事は、欧州連合(EU)加盟国の 間で相互の救済を禁じた規則は統一通貨ユーロの重要な基盤だとの考 えを示した。

同誌によると、シュタルク理事は「EUとその加盟国が他の加盟 国の債務について責任を負うことを禁じた規則は通貨統一が機能する ために重要な基盤だ」と語った。

同理事はユーロ圏解体のリスクはないとして、「合衆国の州が破 たん状態に近くても誰もドルの存続を疑っていない」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE