アングロ・アメリカン:1万9000人削減、配当と自社株買い停止

世界2位の鉱山会社、英アング ロ・アメリカンは20日、配当支払いと自社株買いの停止、1万9000 人の人員削減計画を明らかにした。金属価格が下落するなかで、手元流 動性を維持する狙いがある。

同日発表された2008年通期決算は、純利益が52億ドルと、前年 の73億ドルから減少した。一部項目を除いた1株利益は4.36ドルと、 ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト22人の予想中央値 (4.82ドル)を下回った。

シンシア・キャロル最高経営責任者(CEO)は、同社が「商品 価格のボラティリティと脆弱(ぜいじゃく)さが今後も続く」とみてい ると説明した。

08年のロンドン金属取引所(LME)の亜鉛3カ月物相場は平均 で1トン当たり1901ドルと、前年比41%安。アングロ・アメリカン はダイヤモンド生産最大手デビアスに45%出資しているが、08年のダ イヤモンドの価格は5年ぶりに下落した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Joji Mochida,Ryoji Uchida 東京 森 茂生 Shigeki Mori +81-3-3201-3843 smori1@bloomberg.net Editor: 記事に関する記者への問い合わせ先: Carli Lourens in Johannesburg at +27-11-286-1915 or clourens@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Simon Casey at +44-20-7673-2631 or scasey4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE