【5%ルール】孫正義氏、タワー投資顧問、米ウェリントンM

財務省に20日提出された大量保有 報告書の主な状況は以下の通り。

孫正義氏:グループ企業の孫ホールディングス、孫アセットマネジ メント、孫企画合同会社の保有分を合わせると、保有比率は従来の

29.65%から25.01%に減少した。報告書の直近60日間の取得状況によ ると、孫社長は個人で、20日に2310万株(保有割合2.14%、単価 1247円)を市場内取引で処分した。

タワー投資顧問:セントラル総合開発(3238)株式の保有比率を

9.32%からゼロにした。

タワー投資顧問:アトラス(7866)株式の保有比率を6.12%から

7.96%に増やした。

コロンビア・ワンガー・アセット・マネジメント・エルピー:コー セル(6905)株式の保有比率を5.01%から3.55%に減らした。

ウェリントン・マネジメント・カンパニー・エルエルピー:ナブテ スコ(6268)株式の保有比率を5.70%から4.05%に減らした。

ウェリントン・マネジメント・カンパニー・エルエルピー:リン ク・セオリー・ホールディングス(3373)株式の保有比率を8.97%か ら4.16%に減らした。

ウェリントン・マネジメント・カンパニー・エルエルピー:新興プ ランテック(6379)株式の保有比率を5.93%から4.30%に減らした。

メイソン・ヒル・アドバイザーズ・エルエルシー:トーカロ (3433)株式の保有比率を6.36%から5.10%に減らした。

三菱商事:伊藤ハム(2284)株式の保有比率を6.01%から

20.06%に増やした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE