来週のNY原油:下落か、在庫は十分の見方で-調査

来週のニューヨーク原油先物相場は 下落しそうだ。製油所の需要は原油在庫で十分賄えるとの見方が強い。

ブルームバーグ・ニュースがアナリストを対象に実施した調査では、 回答者35人中15人(43%)が、来週の原油相場は下落するとの見通し を示した。上昇を予想したのは11人(31%)、ほぼ変わらずは9人だっ た。前回の調査では、回答者の43%が今週の原油相場の下落を見込んで いた。

米エネルギー省が19日発表した先週の原油在庫は13万8000バレル 減少し3億5060万バレルとなった。ブルームバーグ・ニュースの調査で は320万バレルの増加が見込まれていた。原油在庫は5年間の平均に比 べるとまだ15%高い。

アラロン・トレーディングのシニアトレーダー、フィル・フリン氏 (シカゴ在勤)は「需要に対し十分なほどの原油がある。過剰供給は大 幅な上昇相場があったとしても圧迫要因になるはずだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場3月限は今 週に入って1.97ドル(5.3%)上昇し39.48ドルを付けた。原油相場が アナリストの予想通りの値動きを示したのは04年4月の調査開始以降、 48%となっている。

ブルームバーグは石油アナリストとトレーダーを対象に毎週木曜日 に翌週の原油価格について、上昇、下落、ほぼ変わらずの見通しを問う 調査を実施している。今回の調査結果は以下の通り。

                     上昇       下落     ほぼ変わらず(人)
-------------------------------------------------------
                      11         15         9

*T *T

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE