ラガルド仏財務相:G20の迅速な行動呼び掛け-危機終息に向け

フランスのラガルド財務相は19日、 ガイトナー米財務長官とワシントンで会談後、世界的な金融危機を終息 させるため、20カ国・地域(G20)が迅速な行動を取ることを望んでい ると述べた。

ラガルド財務相は記者会見で、ガイトナー長官との会談は「非常に 生産的で非常に友好的」なものだったと指摘。「われわれは意見を交換し、 私は何をG20に望むかを長官に伝えた」と説明。G20は打ち出した方針 を「堅持し、迅速に実施する用意があること」を明確に示すべきだとの 考えを示した。

同相はまた、国際通貨基金(IMF)と金融安定化フォーラム(F SF)は「危機回避のための警報システムの設置」に向けて関係を強化 し、FSFの加盟国を増やすべきだと指摘した。

さらに、G20は4月末の第2回緊急首脳会合(金融サミット)で、 ヘッジファンド規制のために「実行可能な措置」を打ち出す必要がある と表明。そうした措置は各国の事情に見合ったものでなくてはならない と付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE