円の対ドル相場見通し下方修正、不況長期化の兆しで-ドレスナー

ドレスナー・クラインオートは19 日、円の対ドル相場について、上半期末と年末時点の見通しを下方修正 した。

ドレスナー・クラインオートの為替ストラテジスト、マイケル・ク ラウィッター氏(フランクフルト在勤)は顧客向けのリポートで、「経 済的な困難がより長期化することを示す説得力ある証拠が存在し、ドル ・円のショート・ポジションの利点に疑問を投げ掛けている」と説明し た。

同氏はリポートで、円がドルに対して6月末までに1ドル=97円に 下落、年末までに105円を付けると予想した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Lukanyo Mnyanda in London at +44-20-7330-7273 or lmnyanda@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Justin Carrigan at +44-20-7673-2502 or jcarrigan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE