NY銅先物:上昇、ドル相場下落で代替投資先としての魅力高まる

19日のニューヨーク銅先物相場は ここ4営業日で3回目の上昇となった。ドル相場下落で、代替投資先と しての商品の投資妙味が高まった。

ユーロ相場は対ドルで3カ月ぶりの安値付近から上昇。商品19銘 柄で構成するロイター・ジェフリーズCRB指数は8営業日ぶりに反発 した。エネルギー価格が同指数の上昇をけん引した。

MFグローバルのアナリスト、エドワード・メイア氏は、「ドル下 落が金属相場の上昇傾向に寄与している」とし、「大半の市場で、割安 感からの反動による相場上昇が起きているようだ」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 相場5月限終値は前日比3.35セント(2.3%)高の1ポンド当たり

1.488ドル。今年に入って銅相場は、政府の景気対策が銅の実需を押し 上げるとの観測を一因に5.5%上昇している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE