欧州株:小幅高、好決算でネスレに買い-テクノロジー株は大幅安

欧州株式相場は今週初めてプラ ス圏で終えた。テクノロジー株が大幅安となったものの、ネスレの決 算をきっかけに安心感が広がり、小幅高となった。

スイスの食品メーカー、ネスレは5.2%高。同社の2009年増収 率が一部のアナリスト予想を上回るとの見方が支援材料となった。一 方、米パソコンメーカーのヒューレット・パッカード(HP)が業績 見通しを下方修正したことを嫌気し、ダウ欧州株価指数のテクノロジ ー銘柄は2.3%安となった。

ダウ欧州株価指数は0.04ポイント高の183.39で引けた。上昇率 は0.1%未満だった。一時は1.1%安となる場面もあった。フランス 電力公社(EDF)やディアジオの決算で失望感が広がったほか、ガ イトナー米財務長官による銀行システム救済に向けた取り組みの効果 が疑問視されていることから、年初来では7.6%下げている。

ニューフリズOBC(パリ)のファンドマネジャー、エマニュエ ル・スープル氏は、好決算が「市場関係者を安心させた」と述べ、 「企業が嵐を乗り切るために上手に経営されていることを示した。こ うした企業の堅牢性を確信しているが、唯一分からないのは嵐がいつ まで続くかだ」と語った。

19日の西欧市場では、18市場中11市場で主要株価指数が上昇。 ダウ・ユーロ50種株価指数とダウ欧州50種株価指数はいずれも

0.2%下げた。

ノキア、HP

フィンランドの携帯電話端末メーカー、ノキアは4.8%安。ドイ ツの半導体メーカー、インフィニオンは6.7%下げた。独経営管理ソ フトメーカーのSAPは3.8%下落した。

HPが前日発表した2008年11月-09年1月(第1四半期)決 算は、売上高がアナリスト予想を下回り、同社は09年業績見通しを 引き下げた。

英独仏の株式指標

英国FT100指数は前日比11.54ポイント(0.3%)高の4018.37。 FTオールシェア指数は3.95ポイント(0.2%)上げ2019.72。

ドイツのDAX指数は10.25ポイント(0.2%)高の4215.21。 HDAX指数は5.56ポイント(0.3%)上げ2103.91。

フランスのCAC40指数は1.47ポイント(0.1%)低下し

2872.60で終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE