2月フィラデルフィア連銀指数マイナス41.3、90年以来最悪(2)

米フィラデルフィア連銀が19日 に発表した2月の同地区製造業景況指数はマイナス41.3と、前月のマ イナス24.3からマイナス幅が拡大した。マイナス幅は1990年10月 (マイナス48.2)以来の最大。

ブルームバーグ・ニュースが実施したエコノミスト調査の予想中央 値はマイナス25だった。同指数のゼロは景気拡大と縮小の境目を示す。

雇用指数は45.8(前月マイナス39)と、1968年の統計集計開始 以来の最低に落ち込んだ。

新規受注はマイナス30.3(前月マイナス22.3)だった。出荷はマ イナス32.4(前月マイナス16.7)と、集計開始以来の最低となった。

仕入れ価格指数はマイナス13.7(前月マイナス27)とマイナス幅 が縮小。一方、販売価格はマイナス27.8と前月のマイナス26.2から マイナス幅が拡大した。

今後6カ月の予想指数は15.9と、前月の7.4から上昇した。

シティグループのチーフエコノミスト、ルイス・アレキサンダー 氏(ニューヨーク在勤)はブルームバーグテレビジョンとのインタビュ ーで「米経済は引き続きかなりのペースで縮小している」と指摘。「わ れわれは今も極めて深刻な調整局面にある」と語った。

-- With reporting by Kathleen Hays in New York, Steve Matthews in Atlanta and Alex Ortolani in Southfield, Michigan. Editors: Carlos Torres, Mark Rohner

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 名子 知子 Tomoko Nago-Kern +1-212-617-2407 tnagokern@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関する記者への問い合わせ先 Timothy R. Homan in Washington at +1-202-624-1961 or thoman1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +1-202-624-1972 or canstey@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE