2月フィラデルフィア連銀景況指数マイナス41.3、90年以来の最悪

米フィラデルフィア連銀が19日 に発表した2月の同地区製造業景況指数はマイナス41.3と、前月のマ イナス24.3からマイナス幅が拡大した。マイナス幅は1990年10月 (マイナス48.2)以来の最大。

ブルームバーグ・ニュースが実施したエコノミスト調査の予想中央 値はマイナス25だった。同指数のゼロは景気拡大と縮小の境目を示す。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE