独MANの08年10-12月:46%減益-売上高は17%減少

欧州3位のトラックメーカー、ド イツのMANが19日発表した2008年10-12月(第4四半期)決算 は、純利益が前年同期比46%減となった。景気悪化で貨物輸送各社 が輸送能力を削減したことが響いた。

MANの資料によれば、純利益は1億7700万ユーロと、前年同期 の3億3100万ユーロから大幅に減少。売上高は前年同期比17%減の 39億6000万ユーロ。同社は金融市場の混乱と景気動向の不透明を理 由に、09年の見通しを示すことができないとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE